きんぶろ(旧名: 緊○blog)

「縛られた女性は美しい」と思う人がやっているブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【コラム】 初イキへの壁と それを超えさせるための仕掛け





本日の画像は、2枚共フリーになっています。

クリックするとカラーの画像で表示されますので、
是非、モノクロ画像をクリックしてみて下さい。








先日公開した 初イキへの道 ~序章~ は、もうご覧頂けましたか?



(画像をクリックすると該当の記事にジャンプします)






快感量が十分であってもイケない という難しさが、分かって頂けたと思います。



快感量が十分であってもイケない、という理由のひとつに
未知なる自分になってしまうことへの恐怖 がある、と 私は長年考えてきました。


自らが想定しているキャパを超えそうになってしまう時、
その先の自分が想像つかなくて、その前にそれを止めようとする。

これは年齢が上がれば上がるほど、その止め方が上手になるため
今、イケる人は、初イキの年齢が低いのではないか?と予想していました。





そこで今回、twitterでアンケートを取らせて頂きました。

設問と、皆さんの回答結果はこちらです。



(画像をクリックすると該当のツイートにジャンプします)






設問をもう少し細かく設定出来たのなら、
15歳(中3)までに…という項目も追加したかったのですが(twitterの仕様で回答は4問まで)

閾値を10代までか、20代以降か、ということにしてみました。


結果としては、
10代までに初イキをしている方が、ダブルスコアという形になりました。


正直、もう少し差が付くかな?と思いましたが、
20代以降であっても初イキしている方がいるというのは、心強いですね?!





更に掘り下げて、今度は

どのような形でイケるようになったのか?というアンケートも取らせて頂きました。



(画像をクリックすると該当のツイートにジャンプします)






こちらアンケート結果の予想は、
10代までは 「 オナニーで初イキが出来た人が多い 」 であろうということ。

つまり、怖いもの知らずのうちに、その壁を超えてしまった人が多いだろう、という予想。


逆に、20代以降であれば、その壁を自分で壊すことは出来ないため、
彼氏などにされた時にイケたというケースが多いだろう、と予想しておりました。



結果は、ほぼその通りになった訳ですが、

20代以降に、オナニーで初イキ出来た方も2人いらっしゃるようで
正直に申しまして、これは大変意外でした。






ちなみに、真美さんの大親友 Yちゃんにも聞いてもらったのですが、結果はこちら






19歳までに、彼氏に初イキさせられた、と
なかなか ア グ レ ッ シ ブ な 回 答 を 頂きました。

彼女は、クリイキも中イキも出来るということで、
人生を大変謳歌されていらっしゃるのが目に浮かぶようであります













閑話休題



(画像をクリックするとカラー版が表示されます)

※ この後に行なわれる所業を知らず、笑みすらこぼれている真美さん ※






では、まだイったことのない人を、どうやって導けば良いのか? という話です。


先日の記事にも書いた通り、
イケないという理由には、ふたつの要因があると考えます。


ひとつは、キャパを超えそうになる快感量に、ブレーキを踏んでしまうケース

もうひとつは、快感がイクまでの量まで達していないケース



真美さんの場合、
後者はクリアしているように見えましたので、問題は前者、ということになる訳です。





昔から、クラスのまとめ役というようなポジションに自然と着くタイプで
お酒の席などでも、酔いつぶれて記憶を飛ばした経験も無かったという真美さん。

むしろ、酔いつぶれてしまった友人を、しっかりと送り届けていたという話も聞きました。


これはこれでとても正しいのですが、
そういう方ほど、イったことがないというケースがとても多いのです。


これは、先程も書いたように、
未知なる自分になってしまうことへの恐怖 にも繋がる話で、

そうならないように、無意識に自分をコントロールしてしまう のですね。



繰り返しますが、とても正しい人生なのです。
誰からも信頼され、そして本人もそれを当然のようにこなしている。

しかし、それがこういう部分に繋がっているケースが少なくないという話。






では、それを踏まえてどうするのか?

私が出した答えは、いくつかの 崩し を仕込む、ということ。



予想が出来るから、対策を打ててしまう。
ならば、予想出来ないようなことを突然行なう、という訳です。

つまり、そちらに気を取られた瞬間に、
キャパを超えた快感量を身体に送り込んでしまおう、ということです。




許容量を100とした時、
イケない方がブレーキを踏んで耐えているのは、限りなく100に近い 99.9 あたりです。


あと半歩踏み出してしまったら、未知なる自分になってしまう。

その壁を自分で超えられないのなら、
意識を一瞬だけ他に逸らして、残りの 0.1を身体に入れてしまえばいいのです。




しかし、言うのは簡単ですが、やるのはとても難しいことです。


長年の経験で、その壁を超えないように作り上げてきた理性に対し、
こちらも手の内を明かさずにギリギリまで追い込んでから、最後の最後に賭けに出る。

その時に、残りの 0.1を入れられることが出来たのなら、
脳はついに観念して、それを発散する方向への行動を取り始めます。


つまり、キャパを超えた脳は、
それを一度弾けさせて、100まで溜まった快感を 70あたりまで下げようとするのです。

その 「 弾け 」 こそが 「 イク 」 なのです。







(画像をクリックするとカラー版が表示されます)

※ 絶え間なく襲ってくる快感の波に、必死に耐えている真美さん ※






1秒間が10秒にも感じるような集中力の中、
減っていくHPに対して、どのような手段を講じるかは大変悩ましいものです。


クリトリスが疲弊してしまう前に

オマ○コのHPを使い切ってしまう前に



何とか、その壁を超えさせてあげたいと思う訳です。




焦らずに、丁寧に、感じているポイントを探し、
見つけたのであれば、そこを丁寧に掘り起こし、快感を溜めていく。

そして、いよいよと思ったタイミングで、
本人の意識を逸らすための仕掛けを施し、理性のブレーキを一瞬だけ外す。


もし、その仕掛けが上手く行ったのなら、
弾けてしまうことへの恐怖を感じる間もなく
直後に襲ってくる圧倒的な快感量で、その壁を超えさせてしまえることでしょう。




一度超えてしまえば、
もう、二度とその壁に怖さを感じることは無くなります。



果たしてその導きは出来たのか?


それは、次回の動画でご確認下さい。













本日の記事を気に入って頂けましたら

また ↑ 1クリック して頂けますと嬉しいです :-)









今回の動画で使用したのは、こちらの組み合わせになります



(クリックすると商品ページにジャンプします)






電マの先に装着するアタッチメント、シナプスヴォーグ


大きく反り返った中に入るディルド部分と
クリトリスを捉えて離さない、大きなベロの部分

これに、アナルに当たる部分がもうひとつあるのですが
そちらは、根元からハサミで切り落として使うのがきんぶろ流




動かし方のオススメを、ひとつご紹介します


それは、挿入後に膣に対して水平に持ち
それを小刻みに前後にピストンさせる動き



反り返ったディルドの先が、膣の上側を擦っているようなイメージと
クリトリスをベロが撫で続けているようなイメージで動かすのが吉です



ピストンの範囲は、2~3cm程度で、速さは毎秒2回ぐらいです



色々と試してきましたが、この動かし方の成功率は結構高いので
一度、試してみる価値はあると思います(もちろん個人差はあります)

もし、気持ちよさそうだったら、同じスピード同じ角度で続けてあげて下さい
そして、イったとして止めないで、そのまま連続イキさせてあげて下さいね 笑







シナプスヴォーグ を 購入される方は こちらから どうぞ ★









★ きんぶろ オリジナル動画 ★


真美 初イキへの道 ~序章~ 真美 M字We-Vibe編
真美 初イキへの道 ~序章~ New! / M字 We-Vibe編

莉奈 蝋燭責め編 莉奈 奉仕編 莉奈 背徳のアナル性感編 莉奈 緊○電マ責め動画
莉奈 蝋燭責め編 / 奉仕編 / 背徳のアナル性感編 / 胡坐電マ責め編







★ きんぶろ お勧めグッズ 紹介記事 ★


★ 実際に購入して→使用した感想を書いています ★

We-Vibe Sync シナプスヴォーグ メタルキャタピラー 低温ロウソク・ラブキャンドル
We-Vibe Sync / 電マ+アタッチメント / メタルキャタピラー / 低温ロウソク

縄屋さんの麻縄 サティスファイヤPRO2 ジュエリーアナルプラグ マーブルキャンディーセット
7mの麻縄 / サティスファイヤPRO2 / ジュエリーアナルプラグ / マーブルキャンディーセット

エネマシリンジ ニップルポンプ ニップルチェーン
エネマシリンジ / ニップルポンプ / ニップルチェーン


※ 2018/2月より、コンビニでの受け取りが出来るようになりました ※










関連記事

| 真美 - 画像 | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT