きんぶろ(旧名: 緊○blog)

「縛られた女性は美しい」と思う人がやっているブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【未咲の告白】性に関する長年の悩み






自分の中で点と点が繋がったので、ちょっと記録に残しました。


そんな書き出しで始まった、未咲の告白。




長年苦しんできた性に関する悩み。
それがどのように変わっていったのか?

緊○blogでセックスを語る事は非常に稀な事ですが
今回は、彼女自身の言葉で綴ってくれたので、原文のまま掲載してみます。










セックスは男のためにあると思ってた。

感じてるふりや、中でイクふりをしてたし、
抱き合いながら天井を見上げて早く終わるのを願ってたし、
枕やシーツに顔を埋めて痛みに耐えていた。

敏感だし濡れるし入れられた瞬間とかは感じた。
でも中が狭いからすぐ痛くなるんだと思い、セックスが苦痛でしかなかった。

『感じてたね、敏感だね、気持ちいいでしょ』
そんなことを言われるたびに本当の事は言えないし、セックスを嫌いになった。


---


Sだからって、満足に責めてくれる人はいなかった。
もうダメってとこまで責められる。
そこで挿入されて、射精まで耐える。
男がぐったりとしてる中、物足りなさを感じてた。
もうダメ、の先にいきたかったのに。

絶頂は知ってる。クリも中も乳首でもイク。
感じなくて悩んでる人からみれば羨ましい事だけど、
自分の中のMの部分を満たしてくれる人に出会えなくてセックスというものに冷める。

男が射精するための道具にすぎない。


---


ネットに調○ブログが溢れてる中、自分が求めてたブログを見つけた。
SMは汚い世界と思ってたけど、
縛られてる女性を見て、なんて美しいのだろうと興奮を覚えた。

一生に一度、
綺麗に縛られて撮られたい。

何度も会うのを辞めようと思ったけど、一度きりと言い聞かせて会った。
一度きりと思ってたから自分を曝け出せた。
無理に良く見せようとかなく、委ねられた。

一回目はかなり記憶が薄れてるけど
舐められた瞬間は忘れないし
優しい責めに虜になった。


---


「使われる 、 性処理*隷」

初めて聞いた時は理解できなかった。冷たさを感じたし悲しくなった。


-----


一回目が終わってからの電話でのオナニー調○がなければ、あの二回目はなかった。

ローターや電マをクリに当てて一度の絶頂で終わっていたオナニーが、
ディルドを使うようになって、サイズまで大きくなって、
ディルドを咥えて、アナルをほじり頭がおかしくなるまでイキ続け、
ご主人様と言い、えっちな写真を送るまでになるなんて。



未咲






中をきちんと、ほぐすこと。
とても大事なことだと思った。

ぶんさんみたいに、女性の気持ち良さをこんなにも考える人もなかなかいないだろうけど、
それにしても挿入して、ただ動かす人が多かった。ガツガツとピストンされる感じ。

自分でディルドでの責めも、最初はゆっくりと出し入れする。
もっと、もっとってなって動かすと、もうたまらなく感じる。

それからは、その感覚を覚えたから
早く動かしておかしくなりたいのに、ぶんさんが電話で焦らすんだよね。
狭くて痛いとか、感じないって思ってたことが解決した。今は中もすごく感じる。

そうなれば、ぶんさんのセックスを感じないわけがなくて
焦らし方も動かし方も責め方もたまらなすぎて、何度も飛びそうになった。


---


自分をさらけ出せること、
受け入れられることで喜びを覚える。
使われたいと思うようになる。

感じて狂い乱れる自分を受け入れてもらえると、
もっと責められたいと思うようになる。

満たされることがなかった自分が
絶望するほど責められて
頭がおかしくなるくらいイカされて
それでも相手が満足するまで終わらない。

知らなかった快感を教えられた。
ポルチオのふわふわくる快感がとても好き。
触られたことすらなかった足も思い出すだけでゾクゾクするし、耳の穴がかなり感じた。
絶対に嫌と思ってたアナルも。


---


お互いが相手を思ってる事。
私が気持ち良くなれば、ぶんさんも気持ち良くて、
そのぶんさんが興奮してるのを感じて、また私が気持ち良くなる。
好循環でしかない。

縛って動けない女を自分が満足するまで責め続けるなんて、
言葉では鬼畜でしかないけれど、優しい責めを知ってるから
ぶんさんを信用して全てを受け入れられる。

キスも手を繋ぐことも好き。
目を見てイクことに幸せを覚えた。

何もしないで添い寝だけでもいいし、
狂うほど責められて使われたいと思う。

その振り幅が
私がぶんさんを神かよって思った瞬間。










以上、未咲が書いた文章を、原文のまま掲載しました。

どのような感想を持つかは、読んだ人それぞれにあると思います。






この件についての自分なりの感想は、また後日に。










この記事を気に入って頂けましたら、1クリックお願い致します。






関連記事

| 未咲 - 手記 | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT